居酒屋 味百仙
ajihyaku.exblog.jp

札幌駅北口の居酒屋。日本各地の旨いもの、地酒・銘酒を取り揃えております。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
旬の料理でえらぶ
便利ガイド
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
味百仙
from 地酒大好き!不完全版
from モグモグ食べたい!
札幌最強のポテサラ 【札..
from 酔ってけ!ススキノ
食べたことありますか、鯨..
from 『こころんのキッチン』のここ..
山菜
from きのこ研究
『 4万8千膳 』 何の..
from フジ
吟醸酒会
from みやのつれづれなるblog
昨日は
from みやのつれづれなるblog
ぎきょう特別純米酒えにし
from Of Mice And Men
2005/02/12 夜..
from Weekly Malt's..
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:◆料理徒然( 83 )
鼻腔からスーッと抜ける香りが春 アサツキ
c0054605_1912883.jpgアサツキのおひたし
子供の頃、アサツキは薬味として使うものだと思っていた。香りはいいけれど、辛すぎて、おひたしで食べるとは思っていなかった。でも時は春。口の中に広がり、そして鼻腔をくすぐりながらスーッと抜けていくその香りは「春」の香。年を重ねるのも悪くないと思う瞬間。
c0054605_1921977.jpg
★日本が原産の球根性の多年草。葉と鱗茎が食用とされる。葉の色がネギより浅い緑色であることから、「浅葱」と呼ばれるようになったととか。ぼんぼりのような薄紫の花穂が付くと、あら!まあ!ガーデニングの人気者、チャイブと同じということがわかる。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2007-04-09 19:10 | ◆料理徒然
四国からやってきた春の味。白アスパラ
c0054605_9442572.jpg白アスパラのおひたし
4月になってしまった。北海道の春はまだまだ寒く、桜にはほど遠いがメニューには春が到来。地物ではないとはいえ、一足早く、春を息吹をお裾分け。地物はもっとむっちりしているのよね〜。なんて言いながら、いただくのであった。

c0054605_9444088.jpg
★こちらは四国・香川県産。白というよりより、黄色く見えるのだが……。甘みがあって、シャクシャクとした食感も美味。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2007-04-03 09:45 | ◆料理徒然
お箸まで赤く染まる! 甘エビ万歳
c0054605_19583411.jpg甘エビの刺身
甘エビ漁が羽幌沖など日本海で真っ盛り。エビといえば甘エビだと思っていた。学生時代、東京で寿司のエビがボイルしてあるのに驚いた。鮮度が悪いから火を通していると思いこんだ。それに比べて北海道はいいよねえ〜、なんて言っいたけど、車エビを食べたらこれまた美味しいんで愕然。世界は狭い方が幸せなのかもしれない。

c0054605_19584733.jpg
★甘エビの楽しみ方は獲れたて新鮮ぷりぷりをいただくのもよし。翌日、ギュッと甘みが増したのをいただくもよし。どちらもお箸がまっ赤になります。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2007-03-28 19:59 | ◆料理徒然
冬よさらば。 サクサク、ワカサギの唐揚げ
c0054605_19304376.jpgワカサギの唐揚げ
温暖化を我が身をもって知ったこの冬。毎年、ワカサギ釣りを楽しみにしている諸氏はどうしているのだろう。結氷した湖に穴を開け、釣り糸を垂らす。寒い寒いと言いながら数時間を過ごすのだ。湖沼は凍ったのだろうか。そんなことを考えつつ、今冬、最後(?)の、ワカサギを食した。

c0054605_19305754.jpg
★サケ目キュウリウオ科ワカサギ属ワカサギ。漢字は「公魚」と書く。なぜ?と、言うことで調べてみたら。『霞ケ浦、北浦の一部を治めていた麻生藩が 第11代将軍家斉公に年貢として治めたことから公儀御用の魚、「公魚」と呼ばれた』んだと。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2007-02-28 19:42 | ◆料理徒然
今日はちょっと奮発してお刺身の盛り合わせ
c0054605_11433820.jpgお刺身の盛り合わせ
店主曰く、「マグロはやっぱり天然物に限る」。なんでも畜養は最初色味はいいのだけれど、時間が経つにつれて、落ちてくるのだとか。もちろん味もしかり。といっても食べ比べて、天然か畜養か、自分がわかるかどうかは定かではないが…。マグロ、鰹、ヒラメなど、美味しいモノが少しずついただけるのが盛り合わせのいいところ。

c0054605_11441175.jpg
★畜養と養殖は別物。養殖は稚魚から育てた、または卵からふ化させたもので、マグロで成功したのは2002年7月。畜養は幼魚や時期ハズレの小型のマグロをエサを与え、生け簀で育てること。日本ではJAS規格で、餌を与え育てた水産物は『養殖』と表示するよう義務付けられているため、一般に養殖マグロとあるものは畜養マグロを指すのだそうです。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2007-02-15 11:44 | ◆料理徒然
ほっくりとした身離れの良さが信条 キンキ
c0054605_18281987.jpgキンキの炭焼き
すっかり高級魚になってしまったキンキ。鮮やかな身体と真っ白な身が目出度さを引き立てるのだろう。北海道あたりでは祝い魚でもある。子供のころ、家を新築するとき、建前(上棟式)にキンキが供えられたことを思い出した。

c0054605_18135394.jpg
★正式名を「キチジ」。でも北海道ではキンキやメンメと呼んでいるのが多いかな。煮付けにするのも美味ですの。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2007-02-10 17:53 | ◆料理徒然
野山の香りをたらふく 笹ダケの炭焼き
c0054605_15363918.jpg笹ダケの炭焼き
筆者、山菜で何が好きってこの笹ダケが一番好き。特に炭焼き。アチチアチチといいながら、皮を剥き先端まで折らずにきれいに剥くことが出来るのが自慢。店の中で食べているのだが、皮を剥いていると一瞬、山の香りが鼻腔を刺激する。味はもちろん、その瞬間が好きなのだ。

c0054605_153650100.jpg
★一枚一枚剥くのは素人。下の厚い皮を数枚剥いだら、後はキュッキュッ、皮を回しながらスポッと抜く。全部剥いてしまうと冷めてしまうので×。熱々を頂くのが美味しいんです。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2006-06-13 15:50 | ◆料理徒然
急げ!白アスパラだ!
c0054605_15135935.jpg白アスパラのおひたし
昔、白アスパラは大嫌いだった。グチュグチュとして、酸味が強く「なんじゃこりゃーっ!」と子供心に思っていた。しかしそれは大きな間違い。缶詰は今でも好きにはなれないが、生は別。季節のほんの1〜2週間しか出回らないという旬の短さも、「食べなくては!」という気持ちをあおる。

c0054605_1514958.jpg
★追分町産のまるまるむっちりとした白アスパラのおひたし。出汁の風味が上品に染みこんだ逸品。★

去年はこんなことを書いていた
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2006-06-13 15:28 | ◆料理徒然
笹ダケにほんのり甘い酢みそを載せて 笹ダケの酢みそ
c0054605_14501716.jpg笹ダケの酢みそ
ほとんど笹の葉のみを食べてパンダは生きるという。
山を歩いているときにこんなゴワゴワとしたものだけで栄養をとり、生きていけるのだろうかと不思議に思うが、笹ダケを食べるとちょっと納得。
それほどタケノコはウマイのだ。

c0054605_14511914.jpg
★笹ダケといっているが、それは根曲がりダケも含まれる。わざわざ根曲がりとは呼ばない方が一般的。きしきしとした歯ごたえで、噛むほどに甘みが広がる。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2006-06-13 14:27 | ◆料理徒然
時鮭がやってきた! 焼き時鮭
c0054605_157871.jpg焼き時鮭
鮭は秋、故郷の川へ戻ると思われている。戻りはじめるのは8月末からだが、そんなこた、知ったこっちゃない(イヤ、そんなわけではないのだが)という鮭が時鮭。別名トキシラズ。戻る季節を間違えて掛かってしまった鮭(春から初夏にかけて釣られた鮭)だ。

c0054605_14592713.jpg
★産卵の時期ではない若い魚体のため脂がのって美味。
でもその台詞、人間に置き換えると、ちょっと「むっ!」とする年頃になった筆者。脂がのっていないといけないのかい!と、切り身の鮭に悪態をついてみたりして。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2006-06-13 14:27 | ◆料理徒然