居酒屋 味百仙
ajihyaku.exblog.jp

札幌駅北口の居酒屋。日本各地の旨いもの、地酒・銘酒を取り揃えております。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
旬の料理でえらぶ
便利ガイド
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
味百仙
from 地酒大好き!不完全版
from モグモグ食べたい!
札幌最強のポテサラ 【札..
from 酔ってけ!ススキノ
食べたことありますか、鯨..
from 『こころんのキッチン』のここ..
山菜
from きのこ研究
『 4万8千膳 』 何の..
from フジ
吟醸酒会
from みやのつれづれなるblog
昨日は
from みやのつれづれなるblog
ぎきょう特別純米酒えにし
from Of Mice And Men
2005/02/12 夜..
from Weekly Malt's..
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人気ブログランキングにも登録しました。
リニューアルを期に、人気ブログランキングの★北海道★レストラン・飲食店の2ジャンルに登録してみました。
読んだかたはポチっとしていただけると幸いです。

↓これですのん。よろしくです。

 
[PR]
# by ajihyakusen | 2006-05-13 10:10 | ◆管理人より
サクラが咲き始めましたね
c0054605_1172293.jpg札幌にもサクラが咲きはじめました。
もう皆さんはご覧になりましたか?
日本ほどサクラを愛でる国はないと聞きます。
艶やかに咲き、ぱっと散る。
その散り際が日本人の感性に合っているからとか。
引き際の美しさを尊ぶ感性というのでしょうか。
c0054605_16142731.jpgそれはそうとサクラの代表格ソメイヨシノは江戸時代に完成された、サクラの中では新品種。古来、サクラは山桜が主流。
北海道ではまさにこの山桜が中心です。
雪解け進みコブシやサクラで色づく山陰には待ちに待った山菜も登場。
春は山も人も忙しい季節でもあります。

店主敬白
平成18年5月11日


*本ブログは味百仙店主にご了承、監修をいただきながら、製作・運営は味百仙ファンの個人が行っております。コメント書き込みなど、いくつかの制限はございますが、ご了承くださいませ。
[PR]
# by ajihyakusen | 2006-05-11 23:13 | ◆店主よりご挨拶
若タケの玉子とじ しゃきしゃきの歯ごたえと風味と
c0054605_10501145.jpg若タケの玉子とじ
この味をなんと言い表したらいいのだろう。シャクシャクとしたタケノコの歯ごたえと噛みしめるほどに広がる独特の甘み、土の香り。岩のりの磯の香りと解け合う妙がこの一皿に凝縮されている。
c0054605_10502283.jpg
★北海道に居て地物が手に入らない春の味がある。タケノコだ。北海道では地物のタケノコというと根曲がり竹を指す。孟宗竹は残念ながら手に入らない。しかしこれも紛れもなく待ちこがれていた春の味。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
# by ajihyakusen | 2006-05-11 10:55 | ◆料理徒然
こごみのごま和え くるんと巻かれた渦巻きも楽しんで
c0054605_1046342.jpgこごみのごま和え
コゴミとはクサソテツというシダの若芽なのだという。ワラビと形は似ているがヌメリがなく、アクも少ない、サクサクとした食感と淡泊で上品な味わいはごま和えなどにピッタリ。くるんと巻かれた見事な渦巻きをひとしきり眺めた後はやはり渦巻き部分からパクリ。

c0054605_10461898.jpg
★アメリカではワラビは食べないけれどコゴミは食用なのだとか。日本に山菜があるのなら世界中にあるのは当たり前。アメリカにもそりゃあるだろう。でもアメリカ人がこごみを食べる姿を想像するとはちょっと変な感じ。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
# by ajihyakusen | 2006-05-11 10:37 | ◆料理徒然
ゴールデンウィーク突入!
c0054605_1172293.jpgついに大型連休がやってきましたね。
9連休という方もいらっしゃるのでしょうか。
当店も5/3〜7までお休みをいただき、東京方面へ『勉強』に行ってまいります。
c0054605_19523882.jpg5/1、今日は東京方面はなんと30度の真夏日とか。
北海道でその言葉を聞くまでには未だ2ヶ月以上掛かりそうですね。
それでもサクラのつぼみもふくらんで。
所々でツツジも咲き始め、野も山の里も、
春への衣替えが着々と進んでいるようです。

店主敬白
平成18年5月1日


*本ブログは味百仙店主にご了承、監修をいただきながら、製作・運営は味百仙ファンの個人が行っております。コメント書き込みなど、いくつかの制限はございますが、ご了承くださいませ。
[PR]
# by ajihyakusen | 2006-05-01 19:02 | ◆店主よりご挨拶
リニューアルしました。ご意見お聞かせください。
味百仙のブログを作ってから早1年3カ月。
さぼってばかりで、なかなか更新できず、すいません。
ゴールデンウィークを期に、ちょっとリニューアルしてみました。
タイトルページは未だデザインが浮かばず、デフォルトのものを使っていますが、
追々、変えていこうと思います。

未だすべてのページ、見直していないので、
ブラウザによってはレイアウトがおかしいところがあるかもしれません。
またリンクの仕方がしつこいとか、探しにくいなど、
ご意見がありましたらお聞かせください。
私のできる範囲内で、修正していきたいと思います。

*タグはまだ項目が定まっていません。
とりあえず、考えながら整理していきますので、気長におつきあいくださいませ。
[PR]
# by ajihyakusen | 2006-05-01 00:00 | ◆管理人より
あずき菜  噛みしめるのは春の甘み
c0054605_1922667.jpgアズキ菜
北海道にもいよいよ春がやってきた!アズキ菜が登場だ。外でどんなに冷たい風が吹いていようとも、これを口に含んだとき、じんわりと広がるそれはまさに春。
待っていたぜ!と、しみじみうなずくのであった。
c0054605_1924288.jpg
★山菜の世界も栽培ものが増えているとか。春は天然ものが出回ってから、といった方がいいのだろうか。だとすると、未だ遠いなあ。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
# by ajihyakusen | 2006-04-27 19:09 | ◆料理徒然
北海道の人にとって春とは……。
c0054605_1172293.jpg年がついこの間、明けたと思っていたら
なんとついに4月に突入。
一年の4分の1が過ぎ去ったと言うことで……。
卯月の「う」は「初」や「産」のことで、
巡る一年の最初を意味するとも言われてます。
雪を割って緑芽吹く季節、

c0054605_19523882.jpgこの季節、雪が解けると現れるものには見苦しいものも多いのですが、それでももう少しすると路肩に緑草が顔を出します。
たったそれだけのことが一日を心豊かにしてくれる……。
北海道に暮らすものにとって春はただ、来てくれるだけでうれしいのです。

店主敬白
平成18年 4月1日


*本ブログは味百仙店主にご了承、監修をいただきながら、製作・運営は味百仙ファンの個人が行っております。コメント書き込みなど、いくつかの制限はございますが、ご了承くださいませ。
[PR]
# by ajihyakusen | 2006-04-01 20:14 | ◆店主よりご挨拶
ツブのお刺身 コリコリの食感が美味
c0054605_21345654.jpgツブのお刺身
北海道ではとてもメジャーな刺身、ツブ。真ツブのお刺身はコリコリとした食感がたまりません。噛みしめるごと口の中に広がるのは、なんと言ったらよいのだろう、サザエとはちょっと違う独特の苦み。
c0054605_21352162.jpg
★エゾバイ貝ともいわれるが、一般にツブと呼ぶものには真ツブ、灯台ツブ、青ツブなどがある。お刺身で美味しいのはやっぱり真ツブだと思う。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
# by ajihyakusen | 2006-03-31 21:45 | ◆料理徒然
自家製 タコの薫製
c0054605_20541511.jpg自家製 タコの薫製
タコというのは頭と足ではずいぶんと食感や味が違うものだ。また、生と茹でたものもずいぶんと甘みに違いがある。もちろん、茹でた方が甘みが増す。
薫製にするとそこに木の香がプラスされ、ビールや焼酎にぴったり。

c0054605_20543111.jpg
★薫製をしてみたいという人は意外と多い。専用の器具を買わなくとも段ボールでもできるので是非、お天気のいい日に挑戦してみて欲しい。くれぐれも家の中ではやらないように。しばらく家中、薫製のニオイがとれませんから。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
# by ajihyakusen | 2006-03-31 20:55 | ◆料理徒然