居酒屋 味百仙
ajihyaku.exblog.jp

札幌駅北口の居酒屋。日本各地の旨いもの、地酒・銘酒を取り揃えております。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
旬の料理でえらぶ
便利ガイド
タグ
以前の記事
最新のトラックバック
味百仙
from 地酒大好き!不完全版
from モグモグ食べたい!
札幌最強のポテサラ 【札..
from 酔ってけ!ススキノ
食べたことありますか、鯨..
from 『こころんのキッチン』のここ..
山菜
from きのこ研究
『 4万8千膳 』 何の..
from フジ
吟醸酒会
from みやのつれづれなるblog
昨日は
from みやのつれづれなるblog
ぎきょう特別純米酒えにし
from Of Mice And Men
2005/02/12 夜..
from Weekly Malt's..
カテゴリ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:冬 ( 7 ) タグの人気記事
出世魚にあやかりたい方は、ふくらぎをどうぞ
c0054605_19224777.jpgふくらぎのお刺身
フクラギはぶりの幼魚。大きくなるにつれて名前が変わる出世魚だ。何となくめでたい気分になるのは気のせいか?引き締まった身や淡泊ながらもしっかり伝わる脂の旨さ。肩書きが変わらない身としては、名前の変化よりやっぱり中身で勝負!とうそぶいてみる。ふくらぎを見習わなくては。
c0054605_1923056.jpg
★ふくらぎ=ぶりで有名な富山湾はちょっと不思議な地形でも知られる。海岸沿いには浅い部分がほとんどなく、急に海底に向かって落ち込み、険しい谷と尾根が連なる。湾の大部分は水深300m以上、一番深い部分は1000mもあるとか。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2007-04-10 19:34 | ◆料理徒然
冬よさらば。 サクサク、ワカサギの唐揚げ
c0054605_19304376.jpgワカサギの唐揚げ
温暖化を我が身をもって知ったこの冬。毎年、ワカサギ釣りを楽しみにしている諸氏はどうしているのだろう。結氷した湖に穴を開け、釣り糸を垂らす。寒い寒いと言いながら数時間を過ごすのだ。湖沼は凍ったのだろうか。そんなことを考えつつ、今冬、最後(?)の、ワカサギを食した。

c0054605_19305754.jpg
★サケ目キュウリウオ科ワカサギ属ワカサギ。漢字は「公魚」と書く。なぜ?と、言うことで調べてみたら。『霞ケ浦、北浦の一部を治めていた麻生藩が 第11代将軍家斉公に年貢として治めたことから公儀御用の魚、「公魚」と呼ばれた』んだと。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2007-02-28 19:42 | ◆料理徒然
今日はちょっと奮発してお刺身の盛り合わせ
c0054605_11433820.jpgお刺身の盛り合わせ
店主曰く、「マグロはやっぱり天然物に限る」。なんでも畜養は最初色味はいいのだけれど、時間が経つにつれて、落ちてくるのだとか。もちろん味もしかり。といっても食べ比べて、天然か畜養か、自分がわかるかどうかは定かではないが…。マグロ、鰹、ヒラメなど、美味しいモノが少しずついただけるのが盛り合わせのいいところ。

c0054605_11441175.jpg
★畜養と養殖は別物。養殖は稚魚から育てた、または卵からふ化させたもので、マグロで成功したのは2002年7月。畜養は幼魚や時期ハズレの小型のマグロをエサを与え、生け簀で育てること。日本ではJAS規格で、餌を与え育てた水産物は『養殖』と表示するよう義務付けられているため、一般に養殖マグロとあるものは畜養マグロを指すのだそうです。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2007-02-15 11:44 | ◆料理徒然
ほっくりとした身離れの良さが信条 キンキ
c0054605_18281987.jpgキンキの炭焼き
すっかり高級魚になってしまったキンキ。鮮やかな身体と真っ白な身が目出度さを引き立てるのだろう。北海道あたりでは祝い魚でもある。子供のころ、家を新築するとき、建前(上棟式)にキンキが供えられたことを思い出した。

c0054605_18135394.jpg
★正式名を「キチジ」。でも北海道ではキンキやメンメと呼んでいるのが多いかな。煮付けにするのも美味ですの。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2007-02-10 17:53 | ◆料理徒然
かにシューマイ……あったらラッキー!逃してはならぬ!
c0054605_19174823.jpgかにシューマイ
かにシューマイの文字を見つけたら「後から頼もう」では遅い。そのときはもう無くなっているかも!筆者は「あ!」と小さな喜びの声を上げ「かにシューマイお願いしますう」と猫なで声。久々のメニューだからだ。家で作れない味の一つ。デパートで売っているものと一緒にするべからず!ふっくら加減が絶妙です。

c0054605_19175814.jpg
★カニに出汁に玉子にと、材料はわかるけれど作れない!紅葉おろしのポン酢でさっぱりいただく。「3個だから3人で」は、あり得ない。それは私は一人で3つ食べたいから。ほほほ。冬も捨てがたいですな。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2006-02-21 19:24 | ◆料理徒然
まだまだ寒い日には……裏メニューで湯豆腐を
c0054605_1827187.jpg湯豆腐
立春が過ぎたとはいえ北海道は冬本番。本日も最高気温がマイナス7度。道理で寒い。そんなときは店に入ってすぐ湯豆腐を頼みたい。メニューにはないけれど、豆腐があれば作ってもらえる。しっかりほほを膨らませてふうふう。そして口に近づけアッチッチ〜。これが正しい湯豆腐の食べ方。

c0054605_18274129.jpg

★ひたひたと湯豆腐が浸っていた出汁を飲み干すのも美味。
紅葉おろしは必需品ですねえ。ふうふう。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2006-02-12 18:27 | ◆料理徒然
これがなくちゃ冬じゃない!ごっこ汁
c0054605_18215728.jpgごっこ汁
ゴッコ汁はいわゆる北海道の冬の味。流行りのDHAを多く含み、その面妖な風体とは似ても似つかぬ上品な味。そしてなんといってもツルリンとゼラチン質に包まれた皮。プチプチと弾ける卵巣が旨い。恵山町(現函館市)などが産地として知られるが、今時分はどこのスーパー、魚屋でも見かけるまさに冬の魚。このごっこ汁で冷えた身体を暖めるのだ。

c0054605_18274297.jpg
★とはいっても最近、家庭で作っているのかなあ。添えられた岩のりがまた美味。いつも最後はこれで締めて帰りたいのだが、ついつい飲み過ぎると食べるのも忘れ、へろへろになって帰途につく。なので最近は最初に食べてしまうだ。邪道ですいません。★
お気に召したらポチっとな。

*トップページへ戻る


[PR]
by ajihyakusen | 2006-01-15 18:21 | ◆料理徒然